なにを作っています

作ってみた結果

2013.8.1日公開(一作目)
2014.1.21日リメイク(実質三作目)

http://yukinesanlove.blog112.fc2.com/blog-entry-31.html

2014.5.8日公開(実質四作目)

http://yukinesanlove.blog112.fc2.com/blog-entry-47.html

2015.3.22日公開(実質五作目)

http://yukinesanlove.blog112.fc2.com/blog-entry-62.html

番外編その一
http://yukinesanlove.blog112.fc2.com/blog-entry-53.html

番外編その二
http://yukinesanlove.blog112.fc2.com/blog-entry-58.html

スポンサーサイト

ブログ放置中…

開発中ゲーム画面張るのはちょっと恥ずかしいので、PS4も最近プレイしてないので気が付くと放置してしまいました…
ゲーム開発の方は一応絵は八割完成していました。本業の方忙しいので今年で完成できるかどうか。
書くネタないのでフレンドが最近完成したゲームでも紹介しよう(自分で自慢できるものはないから友たち自慢)
http://store.steampowered.com/app/598700/The_Vagrant/
自分もちょっとだけ関わったので在り難いことにサンプル頂いたですけどOS32bitのためプレイできない…
実際どんなゲームだったか感想教えて欲しい(おい。
(開発途中で今後アップ予定のゲームです、そこ踏まえてご購入検討お願いします)

サラ子とアンジュの合体攻撃ないのだがなにかのバグですかね・・・(微バレ)

スパロボV

まだスパロボ買ったよー
どころで最近スパロボ毎回やること同じっていうのはなぜでしょう?ってのが真面目に考えてみた。結論は主に敵味方射程長いの原因でSRPGなのに地形やユニット配置意味薄いところじゃないかな…それでも昔とかなんとか変化作ろうところあるけど、最近そういうのなくなってますので(隔壁ある基地内部戦闘あるのは最後はいつでしたっけ)
それはそれとしてクロスアンジュ(と復活した鉄也さん)目当てとして内容結構満足、全体のストーリー展開飛ばし飛ばしでもZより丁寧と感じたのは、素材のおかけかな?

女主人公でプレイする場合の百合度:脳内補完すればいけるいける
クロスオーバー:何よりも衝撃すぎるドラグニウムの正体
鉄也さん:かっこいい…ということだけに言いしたいけど面白い言動多くで腹筋悪い

新年あけましておめでとう

今年もよろしくです。

紗夢だけアーケードモードにストーリーはないという謎の待遇

GGXrd

Kof14以外にPS4で格ゲー買わない、そう決めたのにやはり映像気になって購入した。
結局、ストーリーモードが一番感動したです。BBはクッソつまらなかったのに。
いーや、初めてこのシリーズを知ったのはドリームキャスト時代で、2001年くらい?のことでした。
PS2でXX?とかXXR?とかもプレイした。XXでもストーリーモードあったけど・・・まあその辺はもうなにも言わない方がいい。
今回のストーリーモードで初めて「このキャラはこの性格だった」を実感できました、何万字の設定ファイルより一行展開が人を感動させるものですね。
初めてソルたちのことを理解した、小説や漫画など頼らず、周辺ゲーム内のストーリー展開だけで。
しかも、こんなたくさんのキャラ出てるのに、どのキャラもストーリーに絡ませていい味出てる、それといて尺伸びてる感じがない。
格ゲー史上ここまで完成度高いストーリーモード実はなかったではないか?
もちろん、古い時代のゲームは機能よる制限も大きいでしょう、それなくでも格ゲーのストーリーはとてもとても難しい、キャラ多過ぎて纏まるはずがない、だから漫画やら他の体裁取る際にドラムチック盛り入れるためにいろいろ設定改変するしかない。ストの実写映画みたいにね。
元々、格ゲーはストーリーよりシステムを優先してキャラを設定したもので、キャラのありのままの性格で、ありのままでゲーム内の展開でストーリーモード作ろうとしたのは実は凄く無茶なことで、だからdoa5もスト5もKOF13もシナリオだけ読むと全然面白くない。それはまだ仕方ない、だが初めからストーリー展開意識してキャラ作ったBBのクッソつまらなさちょっと言い逃れできない。
あとはあれだね、今の若い子ではなく、自分が知ってる世代の声優の熱演が凄くいい(年寄並の感想)

映像:しゅごい
各キャラ:出会ってから15年、初めて好きになった
今回一番気に入りのセリフ:明日という日は来るんだ!

テーマ : 格闘ゲーム - ジャンル : ゲーム